お世話になってます。

私の洋裁の師匠は、洋裁教室のあるビルの1階で
婦人服のオートクチュールのブティックを経営されています。

画像
画像
<写真上>夏のセール中で、お店にSALEの幕が掛かってます。
<写真下>上の2階の窓に”洋裁教室”とあるのがお教室です。


先代の大先生(若先生のお母様)に習って約5年。
大先生が引退されて、若先生に代替わりして約5年。

若先生は、現場でのお仕事と両立されているので、大変そうですが、
生徒の立場からすると、現場のテクニック、ファッション事情や、
デザイン上のことなど、リアルタイムの知識や知恵を伝授していただけるので、
すごく勉強になります。

師匠が作った、洋服にならない端切れをつなぎ合わせて、まるで初めから
そうするつもりだったかのように仕上がったジャケットを以前見せて
いただきましたが、その完成度の高さに感動したのを憶えています。

画像画像
お店の中の様子です。
お客様から依頼のドレスやワンピースや生地などが所狭しと掛けられています。


身体は1つなのだし、そんなにたくさん服はいらないから、
一つ一つの服を丁寧に作りたい。
いろいろ師匠に教えていただきながら、仕上がりのきれいな服を
作れるようになりたいでっす 今後ともどうぞィヨロシクゥ(巻舌)

それにしても…私に娘がいたら、ウェディングドレスを作ってやりたかったな~



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • ネイルおじさん

    師匠なのでしょうか
    2014年08月20日 09:31
  • ネイルおじさん

    お嫁さんにぜひ(^_-)-☆
    2014年08月20日 09:33
  • mika-na

    "師匠"と呼ばせてください
    てことは私は弟子か…
    ちょっと厚かましかったかな~
    2014年08月20日 20:59
  • mika-na

    私にウェディングドレスを作らせてくれる、心優しい
    お嫁さんが来てくれると嬉しいんですけどね~
    イヤイヤ、こういうのを取らぬ狸の皮算用っていうんですね~
    2014年08月20日 22:02

この記事へのトラックバック