テーマ:洋裁

ただいま製作中!

”キャメル” 今年のトレンド色だそうで。 去年の冬からつながっているような・・・ 最近になって「着てみたい色かも・・・」と思い立ち、以下、鋭意製作中。 上はテーラージャケット。 下はパンツ。 セットアップではなく、別々に着用予定です。 テーラージャケットは、1着作るたびに課題が見つかり、 前に失敗したところを気…

続きを読むread more

急に涼しくなってまいりました。

去年も、お彼岸を待たずに急に涼しくなったように 記憶しています。 夏の暑さが激しすぎて、エネルギーが切れちゃったのかな 前回のジャケットとスカートのセット。お教室で先生に細かいところを聞きながら じっくり作っていたため、家での作業がほとんどなかったので、 家でも何か作りたいな~と思っていました。…

続きを読むread more

テーラーカラーのジャケット作りに目覚める!

洋裁を習っているからには、いつかテーラージャケットを作れるように なりたい 初めからそんな風に思っていました。 作り方をまったく知らなかったときは、ただただどうやって 作るのか、どういう作りになっているのか興味津々。 そうやって初めて作ったテーラーカラーのジャケットがこれ

続きを読むread more

チェック柄・LOVE

チェック柄は大好きで、生地屋さんに行くと必ず チェックするようにしてます。(あ、ダジャレ…) 今回作ったシャツは、生地は新宿のオカダヤさんで購入したもので、 マドラスチェックと書いてありましたが、マドラスチェックというのは、 インドのマドラス地方というところで作られたチェック生地のことだそうで、 草木染…

続きを読むread more

初めに残り生地ありき

前回のブログから3か月以上経ってしまっていましたね~ ちょっとここのところ忙しかったです。 さて、前回に続いてチュニックのジャンバースカート。 これは去年の12月に作りました。 裾部分のブロックチェック柄の生地が残っていて、何かにできないかな~と。 で、こんなデザインのチュニック丈のジャンパー…

続きを読むread more

"チュニック"讃

宮中歌会始が行われたという例年のニュースを見て・・・ わたくしめも一句 ウエストの~ 有りや無しやの くびれかな~ 四十路五十路(よそじいそじ)を 救う”チュニック”~ お粗末 えへへ・・・ そうです 本日の話題は チュニック…

続きを読むread more

こんなスカートを作ってみました。

ミセスのスタイルブック2014盛夏号26pに掲載の パターンで作ったスカートです。 KEIKO SUZUKI COLLECTIONのスカートだそうです。 これはラップスカート(巻きスカート)なので、上前スカートをめくると こんな感じ・・・ 普通、巻きスカートは広げると1枚の布になるようになっていて、 バスタオルを…

続きを読むread more

今度は、オレンジのラッセルレース

レースものが続きますが、今度はオレンジ色のラッセルレースで 私としては珍しく、スカートを作ってみました。 前スカートに4本、後ろに2本、タックを入れてあります。 このスカートは、私の好きな”庶民派”スタイリスト(勝手に呼んでいる) 福田栄華さんの本の中に取り上げられていた、 ユニバーサルランゲージというブランドのス…

続きを読むread more

黒薔薇のチュールレース

遠目から見たのではわからないかもしれませんが・・・ この身頃の脇と袖の縫い目のところにちょっとだけ  黒い薔薇のチュールレースをはめ込んであります。 使っているレースはこんな感じ これも端切れで、先生にお願いして譲っていただきました。 素敵な生地が端切れで残ってい…

続きを読むread more

こんなジャケットも作りました。

買ってそのままになっていた薄手の圧縮ウールの 生地がありました。 何か形にしたいな~と思ってスタイルブックを 眺めていたら・・・ ミセスのスタイルブック2007年秋冬号p37に掲載の ジャケットを作ってみました。 前開きがアシンメトリーであまり見かけないデザイン。 かたちが面白いな~と思って・・・ 共布でルー…

続きを読むread more

ライダース”風”ジャケット

シーズンごとに送られてくる通販のファッションカタログを 眺めるのが好きです。 パラパラとページをめくって、いいな~と思う服のページに 折り目をつけて(ドッグイアというのだそうな)、 気に入ったものをさっそくネットで注文・・・しません ここで私は自分…

続きを読むread more

フリルブラウス

23区の服が好きで、ときどき買っていましたが さすがにこの年になると無理してる感じがあります。 (イメージキャラが菅野美穂ちゃんですから、30歳代まで?) デザインはわりとベーシックで、 年齢を選ばないブランドだと思うのですが、 お肉が付きすぎた私の体形には合わないのでしょう。 で、手持ちの23区のブラウスを真似て、…

続きを読むread more

Owl brother ! (or sister?)

入院している友人へのお見舞いに こんなものを作ってみました これは、レディブティック2014年6月号に載っていたものを 見ながら作ったんですけど、わかります これは フクロウ です。 フクロウって、よく門灯のレリーフとか、玄関先のオブジェとかに ありますよね。 フ…

続きを読むread more

便利な一着

春先の、まだちょっと気温が不安定な時期。 秋口の、ちょっと涼しくなり始めるころ。 そんな時に便利に使えるのが、このトップスです。 首回りにちょっと変化のある、ボートネック風のプルオーバー。 綿100%の生地なんだけど、しわ加工がしてあり、ニットのように 伸縮性があるので、脱ぎ着がしや…

続きを読むread more

息子のリクエストに応えて。

ベストの話題が続きますが、 息子に作って欲しいと言われて こんなベストを作りました。 これは残っていた生地で作ったのですが、 見返し部分の生地が取れなくてどうしようかと思ったら、ソー友さんが グレーのチェックの端切れを分けてくれました。 色味がドンピシャ合ったので、素敵なベストに仕上がりました。 生地が足りなくてはぎ合…

続きを読むread more

こんなに作っちまった・・・

前回のブログの画像にもちょっと登場しましたベスト。 ―今は「ジレ」なんて言ったりしますが、これはフランス語。 名づけて、ループボタンジレ じつは同じパターンでこんなに作ってしまいました 1階のお店に、売り物として掛けてあったベストにひとめぼれ 先生…

続きを読むread more

秋になると・・・

暑さ寒さも彼岸まで・・・秋分の日を迎えました 秋分の日を待たずに、今年は涼しくなるのが早かったですね~ 涼しくなると、秋らしい色味のお洋服が着たくなります。 というわけで、秋らしいブラウス&シャツたちを・・・ これは、スタイルブック2011年秋冬号26pのブラウスのパターンの…

続きを読むread more

この夏はこんなの作りました。

今年の夏も暑かったですね~ もうぐったり・・・ その割には夏やせ、夏バテをしない私。 今年はホントに、大切な用事以外外出しませんでした。 だってニュースで言うんですもん、”熱中症になるから外出しないでください”って。 そういうわけで、家でちくちく、カタカタ。。。 これ…

続きを読むread more

白シャツを作りました。

素敵な白のコットンリネンの生地が入荷していたので、 8月は、シャツを作りました。 白シャツを作るのは今回で3枚目。 一枚作るごとに反省点が出てきて、今回はそれを意識しながら パターンを引き、仕立ても丁寧にしました。 まず、生地がございます。 身頃を作り… 袖と襟を作り… 組み立てて… …

続きを読むread more

パンツスタイルについて考えてみた。

洋裁を習って自分で服を作るメリットは、なんといっても自分の身体に 合った服が作れるというところでしょう 特に私の場合は、下半身に問題が山積しているので、これを解決するのに、 自分であれこれ調整できるのはすごくいいです もちろん今はすごくストレッチの効いたパンツも出ているので、既…

続きを読むread more

お世話になってます。

私の洋裁の師匠は、洋裁教室のあるビルの1階で 婦人服のオートクチュールのブティックを経営されています。 <写真上>夏のセール中で、お店にSALEの幕が掛かってます。 <写真下>上の2階の窓に”洋裁教室”とあるのがお教室です。 先代の大先生(若先生のお母様)に習って約5年。 大先生が引退されて、若先生に代替わりして約…

続きを読むread more

スカートについて考えてみた。

普段は圧倒的にパンツ派の私ですが、素敵な装いをしたい おしゃれでいたい、と思えば、スカートを抜きにはできないわけです。 そこで、今現在の年齢、体形、持ってる雰囲気、などなど総合的に 考えて、今の私にしっくりくるスカートの形(シルエット)はどんなものかな と整理してみました。 まずギャザースカート、…

続きを読むread more

かわいいんだけどね…

スカート部分の生地の柄にご注目ください。 黒地にぽつぽつと赤い小花が散らしてあってかわいい柄でしょ 柄がとにかく気に入って、でも60センチくらいしかなくて、着分には全然足りない。 というわけで、こういう形にまとめてみたのですが… ちょっとかわいらしすぎる。家着になってます。(いつごろ作ったか忘れた) …

続きを読むread more

白レースチュニック

お教室の生地が収納されている棚に、ずーっと気になっているレース地が ありました。 1本の糸を機械で編んで作られたようなレースで、高級感、重量感が あり、柄が花柄ではないところも個性的で素敵。 実はこのブログのトップタイトルのバックの柄は、このレース地のものです。 白なんだけど端の方が黄ばんじゃって、このままでは使えない。 …

続きを読むread more

作ってみたら…

”何を作ろうかな~”と思ったら真っ先に見るのが、文化出版局発刊の 「ミセスのスタイルブック」です。 ブティック社発刊の「レディブティック」と並んで、洋裁を趣味にされている方の 教科書ともいえる雑誌ですね。 私の場合、”作ろうかな”と思った時、”これが着たいから”と思って作る場合と、 ”作ってみたいから”と思って作る場合と2…

続きを読むread more

端切れを有効活用

ブラウンとオレンジの色の組み合わせが大好きで、目がありません。 真ん中に使われているブラウンとオレンジの花柄の生地は、 お教室の棚の奥にまるまっていました。 ずーっと気になっていたけど、細長い端切れだし、着分には 全然足りない。でも細長いからスカーフくらいになるかなと。 先生に言うと、”持ってっていいよ”とのこと。 お言…

続きを読むread more

ふんわり素材のチュニックブラウス

前回のチュニックワンピ―スから触発されて作ったのがこちら。 「レディブティック」に載っていたパターンを利用して作りました。 身頃の上半分の部分はほとんど同じかたちで、下半分のスカートの 部分をアレンジしています。 着物のような上前と下前の重ね合わせにし、夏用の裏地を下に 重ねて二重にしました。 スカート部分の縁を2枚とも…

続きを読むread more

透け素材のチュニックブラウス

このブラウスでは、初めて ループボタン に挑戦しています。 ループボタンは目を引くパーツですし、いくつか並べて付けるので、 形がそろっていないととても悪目立ちして、おかしなことになるので 慎重に作りました。 元にしたパターンは、「レディブティック」に掲載のもの。 ちょっとした外出着に活躍しました。 透け感のある素材な…

続きを読むread more

その名も 500円ブラウス。

このカットソーは、その名も500円ブラウス。 名づけたのは洋裁教室で共に学ぶソー友(ソーイング友達)Hさん。 なぜ500円ブラウスかというと、その下の画像のネイビーチェックの ブラウスをお手本に作ったのですが、このブラウスの値段が500円! かれこれ20年くらい前に住んでいた町の駅前商店街の洋品店(?)で 買ったものです。…

続きを読むread more

ブログ始めました。

記念すべき(^^)v ブログ第1回 は、なんてことないカットソーです。 焦げ茶のニットのレース地です。 下着が透けないように、身頃のところにだけニット用の裏地を付けました。 今年の春に着ようと思っていたのですが、作り始めたのが5月に入ってから だったので、仕上がったときはもう真夏のような陽気。出番がないまま 春が終わっ…

続きを読むread more