テーマ:トップス

変わりジャケット2種

同じパターンを使って、こちらの2種類のジャケットを 作ってみました。 パターンの参考にしたのは、 “ミセスのスタイルブック”2017年初夏号。 ジップアップジャケットです。 こちらのジャケットの生地は、ニット素材でポリウレタン混なので、 着やすく軽くて着心地がよろしいのです。 地模様が、テトリスのような四角をい…

続きを読むread more

ごぶさたしてしまいまして・・・

例年、新年のご挨拶から始めていたのに、 もう3月・・・ 早いですね~。 でも製作は、手の混んだものをせっせと 作っております。 今年は1月にこんなブラウスを作りました。 スカートと合わせるとこんな感じ 名付けて、なんちゃってボウタイブラウス(表…

続きを読むread more

パターンを使いまわして

前回のトップスのパターンにちょっと手を加えて… このパターンは、いろいろ使いまわせるので、重宝します。 ただ今回は、もう少し、襟ぐり周りを小さくすればよかったと反省。 このペンダントは実はボタンです。 吉祥寺と日暮里の繊維街にあるボタンの専門店 “エル・ミューゼ” で購入。 ボタンの値段としてはかなりしました。 お店…

続きを読むread more

インナーできました。

前回のレースジャケットとセットで着る用に、こんなの作ってみました。 レースの余りを前身頃に張り付けて、前立て開きにしました。 レースは、柄の丸に合わせて適当に切りっぱなしにして、 縫い付けたりもせず、ぶらぶら振らせたままにしました。レースの柄なりにカットしたので、少しアシンメトリーな感じになりました。 白い生地の部分は、…

続きを読むread more

ちょっとハデかしら?

加齢とともに、お肌はくすんでくるので、トップスはなるべく明るい色の 物を持ってくるように・・・これは50代のファッションセオリーの定番と なりつつありますね。 だからと言って、この色はハデ過ぎでしょうか? この生地は、洋裁教室の友人が、ネットショップの”チェック&ストライプ”で 買ったもので、でも買ったはいいけど色…

続きを読むread more

夏も終わりますね・・・

気が付くと、夏も終わり、夏どころか9月も終わりにさしかかり。 振り返れば、いろいろ作っていました。 色違いで・・・ 元のデザインは、2~3年前の”レディブティック”から。 柄の生地は、先生が仕入れたもので、こういう幾何学模様は珍しいので、 何が作れるかなと考え、無地生地とコンビにすることにしまし…

続きを読むread more

カーディガン作りました。

”カーディガン”というアイテムが、どうもうまく着こなせない私・・・ いつも素敵にニットのカーディガンを着ている友人に 「どうやったらそんなふうに着こなせるの?」と聞いたところ、 「ただ着ればいいだけでしょwww」と、不思議がられました。 そりゃそうよね。服だもんね。 とりあえず、カーディガンへのせつない憧れから、こ…

続きを読むread more

ライダーズジャケットー再び

ライダースジャケットに再びチャレンジしました。 これは「ミセスのスタイルブック 2013年 秋冬号」(お持ちの方は13ページを ご参照ください)に掲載の、革製のライダーズジャケットのパターンで 作りました。 「スタイルブック」のジャケットは、本物の革で作られていたけど、 さすがに本革では作れないので・・・。 生地…

続きを読むread more

今度はフード付きベスト

もう桜も満開とか… この時期も、夜は寒かったりして 着るもの選びに迷うことが多いですが、 そんなときベストというのはありがたいアイテムです。 以前から作りたかったこんなベスト 一見ニットのベストのようですが、身頃の生地はウールニットの生地で 襟ぐり、袖口、裾周りに、市販のリブ…

続きを読むread more

白シャツふたたび

白いシャツをまたまた作りました。 何枚目だろ~…2枚目 3枚目 前作がシミだらけになり汚れてきたので、新調しました。 もう、シャツなら”コレ”っていうアルティメットなパターン(型紙)ができているので、 それをひっぱり出してきて、せっせと作ります。 シャツ作りは私に…

続きを読むread more

おしゃれして・・・

じつは7月の半ばごろに、乳房の腫瘍の摘出手術を受けました。 2年半前くらいからしこりがあったんだけど、良性ということだったので、 そのままほっておいたら、ずいぶん育ってしまって、 5cmくらいの大きさになってしまったので、 かかりつけの乳腺外科の先生に 「取っちゃってください」 とお願いして、取っていただきました。 …

続きを読むread more

同窓会☆

先月7月、中学の同窓会に出席してきました。 そこで一句・・・ 〝同窓会 「立派になった」と 旧友(とも)が言う    「それって太った?」 そうとも言う〟 下の句の「そうとも言う」は、「そういう風にも言う」と「そのように友が言った」と 2重の意味になっています。 いちいち言わなくてもわかるって? エヘっ{%笑いw…

続きを読むread more

普段着に迷う・・・Part2

おもしろい生地が先生のお店のほうに入荷していました。 こんなトップスを作ってみました。夏らしい柄で、手持ちのライトブルーのパンツに合わせたら いいかな、と思い製作。 生地自体もちょっと変わっていて、着ると冷感があるのです。 ヒヤッと感があって、涼しいのです。 襟元にタックを入れてあって、ゆったりしています。 この…

続きを読むread more

普段着に迷う・・・

テーラーカラージャケットのような、パーツの多い、手順の多い 作り甲斐のあるお洋服に凝っていると、ふと普段着る服が・・・ない という現実が・・・ というわけで、普段に着る、なんてことないカットソーを・・・。。これは『便利な一着』で紹介したボートネック風のトップスのパターンを アレンジ…

続きを読むread more

着々と・・・

合わせやすいベージュの生地で作ってみました。 テーラーカラーのジャケットです。 ちょっと変えたのは、ポケット口をファスナーに・・・ 裏地を柄生地に・・・ この裏地の生地は、2014年9月27日のページに登場した、 ベージュのジレの後ろ身頃に使ったものです。 こんな風に柄生地を裏地に使うというのは、動いたと…

続きを読むread more

ステキに仕上がりました。

大げさ過ぎず、よそ行き過ぎず、ほどよいお出かけ着という感じに 仕上がりました。 ブラウスです。 パターンは、喪服のブラウスのパターンを少しアレンジしました。 アレンジしたところは袖。 袖丈を4センチほど短くし、袖口のふくらみを3センチほど小さくしました。 ジャケットを着たとき、ジャケットの袖…

続きを読むread more

黒薔薇のチュールレース

遠目から見たのではわからないかもしれませんが・・・ この身頃の脇と袖の縫い目のところにちょっとだけ  黒い薔薇のチュールレースをはめ込んであります。 使っているレースはこんな感じ これも端切れで、先生にお願いして譲っていただきました。 素敵な生地が端切れで残ってい…

続きを読むread more

こんなジャケットも作りました。

買ってそのままになっていた薄手の圧縮ウールの 生地がありました。 何か形にしたいな~と思ってスタイルブックを 眺めていたら・・・ ミセスのスタイルブック2007年秋冬号p37に掲載の ジャケットを作ってみました。 前開きがアシンメトリーであまり見かけないデザイン。 かたちが面白いな~と思って・・・ 共布でルー…

続きを読むread more

ライダース”風”ジャケット

シーズンごとに送られてくる通販のファッションカタログを 眺めるのが好きです。 パラパラとページをめくって、いいな~と思う服のページに 折り目をつけて(ドッグイアというのだそうな)、 気に入ったものをさっそくネットで注文・・・しません ここで私は自分…

続きを読むread more

フリルブラウス

23区の服が好きで、ときどき買っていましたが さすがにこの年になると無理してる感じがあります。 (イメージキャラが菅野美穂ちゃんですから、30歳代まで?) デザインはわりとベーシックで、 年齢を選ばないブランドだと思うのですが、 お肉が付きすぎた私の体形には合わないのでしょう。 で、手持ちの23区のブラウスを真似て、…

続きを読むread more

便利な一着

春先の、まだちょっと気温が不安定な時期。 秋口の、ちょっと涼しくなり始めるころ。 そんな時に便利に使えるのが、このトップスです。 首回りにちょっと変化のある、ボートネック風のプルオーバー。 綿100%の生地なんだけど、しわ加工がしてあり、ニットのように 伸縮性があるので、脱ぎ着がしや…

続きを読むread more

息子のリクエストに応えて。

ベストの話題が続きますが、 息子に作って欲しいと言われて こんなベストを作りました。 これは残っていた生地で作ったのですが、 見返し部分の生地が取れなくてどうしようかと思ったら、ソー友さんが グレーのチェックの端切れを分けてくれました。 色味がドンピシャ合ったので、素敵なベストに仕上がりました。 生地が足りなくてはぎ合…

続きを読むread more

こんなに作っちまった・・・

前回のブログの画像にもちょっと登場しましたベスト。 ―今は「ジレ」なんて言ったりしますが、これはフランス語。 名づけて、ループボタンジレ じつは同じパターンでこんなに作ってしまいました 1階のお店に、売り物として掛けてあったベストにひとめぼれ 先生…

続きを読むread more

秋になると・・・

暑さ寒さも彼岸まで・・・秋分の日を迎えました 秋分の日を待たずに、今年は涼しくなるのが早かったですね~ 涼しくなると、秋らしい色味のお洋服が着たくなります。 というわけで、秋らしいブラウス&シャツたちを・・・ これは、スタイルブック2011年秋冬号26pのブラウスのパターンの…

続きを読むread more

この夏はこんなの作りました。

今年の夏も暑かったですね~ もうぐったり・・・ その割には夏やせ、夏バテをしない私。 今年はホントに、大切な用事以外外出しませんでした。 だってニュースで言うんですもん、”熱中症になるから外出しないでください”って。 そういうわけで、家でちくちく、カタカタ。。。 これ…

続きを読むread more

白シャツを作りました。

素敵な白のコットンリネンの生地が入荷していたので、 8月は、シャツを作りました。 白シャツを作るのは今回で3枚目。 一枚作るごとに反省点が出てきて、今回はそれを意識しながら パターンを引き、仕立ても丁寧にしました。 まず、生地がございます。 身頃を作り… 袖と襟を作り… 組み立てて… …

続きを読むread more

かわいいんだけどね…

スカート部分の生地の柄にご注目ください。 黒地にぽつぽつと赤い小花が散らしてあってかわいい柄でしょ 柄がとにかく気に入って、でも60センチくらいしかなくて、着分には全然足りない。 というわけで、こういう形にまとめてみたのですが… ちょっとかわいらしすぎる。家着になってます。(いつごろ作ったか忘れた) …

続きを読むread more

白レースチュニック

お教室の生地が収納されている棚に、ずーっと気になっているレース地が ありました。 1本の糸を機械で編んで作られたようなレースで、高級感、重量感が あり、柄が花柄ではないところも個性的で素敵。 実はこのブログのトップタイトルのバックの柄は、このレース地のものです。 白なんだけど端の方が黄ばんじゃって、このままでは使えない。 …

続きを読むread more

作ってみたら…

”何を作ろうかな~”と思ったら真っ先に見るのが、文化出版局発刊の 「ミセスのスタイルブック」です。 ブティック社発刊の「レディブティック」と並んで、洋裁を趣味にされている方の 教科書ともいえる雑誌ですね。 私の場合、”作ろうかな”と思った時、”これが着たいから”と思って作る場合と、 ”作ってみたいから”と思って作る場合と2…

続きを読むread more

端切れを有効活用

ブラウンとオレンジの色の組み合わせが大好きで、目がありません。 真ん中に使われているブラウンとオレンジの花柄の生地は、 お教室の棚の奥にまるまっていました。 ずーっと気になっていたけど、細長い端切れだし、着分には 全然足りない。でも細長いからスカーフくらいになるかなと。 先生に言うと、”持ってっていいよ”とのこと。 お言…

続きを読むread more