ライダーズジャケットー再び

ライダースジャケットに再びチャレンジしました。

これは「ミセスのスタイルブック 2013年 秋冬号」(お持ちの方は13ページを
ご参照ください)に掲載の、革製のライダーズジャケットのパターンで
作りました。
画像画像

画像画像

「スタイルブック」のジャケットは、本物の革で作られていたけど、
さすがに本革では作れないので・・・。

生地は、”フェイクスエード”という、スエードに風合いを似せた生地。
まぁ”気分は革ジャン” ”なんちゃって革ジャン”
ポリエステル100%だから、おしゃれ着用洗剤で、家で洗えます。

ファスナーを、前開きはもちろん、ポケット口、袖口にも付けて
それらしくかっこよくできたかな。

生地の色は、3枚目の写真の色が実物に近い感じかな。

これを作ろうと思ったのは・・・そうそう、思い出しました
手元に短い(10㎝)ファスナーがあったのです。
何かに使おうと思って買ったのに、そのままになっていて、
このフェイクスエード生地を先生のお店で見て、このファスナーを
組み合わせてこのジャケットを作ろうと思い立ちました。

10㎝のファスナーは、袖口に使いました。

本革のライダーズジャケットに、細かいディテールを近づけたくて、
いろいろこだわって、工夫してみました・・・

そうかといって、ホンモノの革のライダースジャケットを着たいという
わけでもないんだけど。重いしね。
ちょっと着こなす自信はなく、私にはごつ過ぎますね。

春先の寒暖差が大きいころに、出番が多くありました。

中に1枚シンプルなニットを合わせても、このジャケットだけで
もうそれなりにまとめちゃうところが便利な1着。

色違いで、また作ろうかな~






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック