白シャツふたたび

白いシャツをまたまた作りました。

何枚目だろ~…2枚目 3枚目

前作がシミだらけになり汚れてきたので、新調しました。
画像

もう、シャツなら”コレ”っていうアルティメットなパターン(型紙)ができているので、
それをひっぱり出してきて、せっせと作ります。

シャツ作りは私にとってプラモ作りという感じ。前にも言ったかな?
きっちりかっちりしているから、よけいなことを考えず、
きちんと丁寧に作る。

今回は、さらに「ここをこうするとこうなっていいかんじ~
という発見がありまして…


白いシャツは…
若いころ、「白シャツを着こなせるのはファッション上級者&イイ女~」
なんていうヘンなカテゴライズがあって抵抗がありましたね~。
イイ女をめざすキャラではなかったのでね~。

最近はこんな風な着こなし方をよく見かけて
ぐっと親近感がわいています。
画像
ニットの下に着て、衿を出す。

子供のころ、セーター(ニットとは言わなかった)の下に白いブラウスの
衿を出して着て、その衿にはかわいい花かなんかの刺繍がしてあったりして。

この年で衿に刺繍があったらおかしいけど、ちょっと古い日本映画に
出てくる女主人公にでもなった気分になります。


ずっと抵抗があった白シャツに目覚めたのは、いつごろだったかな?

もう5~6年以上前だと思いますが、”23区”というブランドで、
毎年(たぶん)定番アイテムとして出している、前開きが比翼仕立て
になっているシャツブラウスを見つけ、美しいシルエットにひとめぼれし
衝動買い。

そのあともリピート買いして、ある時ふと、おんなじものを自分で作れないかと
思い、現物を見本にパターンを起こして作ったのが始まり。
比翼仕立てもまねて作りました。
画像

自分の体形に合わせて手直しを加えつつ、完成してコレになりました。

生地は、アイロンがけをしないで済むように、綿とポリエステルの混紡の
ものを使っています。











この記事へのコメント

この記事へのトラックバック